FC2ブログ
くらしの工芸展を見に、伝統工芸館に行って来ました。
一ヶ月近く手元をはなれていた自分の作品を見るのは
なんだか新鮮なのです。

今年はいつもより、良い感じに展示してあるような気がしました。

と、言うのも去年は「ただ並べてるだけ」の様な印象をうけて
いたからです。

実は、おなじ印象を持った菊池の高木さんが一言いってくださった
ようなのです。

高木さんは、竹ペンと流木の作家で、とてもとてもお世話に
なっている方です。

もちろん、展示をする側の苦労や事情も少なからずわかる
わけで、そんなたくさんの方々のお陰を感じ・・

やる気と元気が出たのでした。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL