FC2ブログ
気温も徐々に暖かくなってきたので
今日は、割れた器の漆継ぎをしてみました。

接着には、小麦粉と漆と水をまぜたものを使うのですが、
その混合比が正確にはわからない。

そのつど、そのつど、同じ分量で混ぜてみても
固さや粘りが違ってくる。

その微妙な違いを「カン」で補正するのですが、
毎回心配でしかたない。

「ちゃんと固まらなかったら、いやだな~」って。

いろいろとパターンを実験してデータを残していれば
多少は確実性が増すのだろうけど、なかなかメンドウです。

これまで、何回かやってみた分は、
いまのところテキトー配合でもなんとか固まっているところが
天然素材の優しさというか、幅の広さかなと思います。

まあ、一か月も待てば固まっているはずです。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL