FC2ブログ
3、4日前からはじめた床の手入れ。
ゆかみがき
新しくできた傷に、墨やベンガラや柿渋を塗って、
全面にも、柿渋に墨とベンガラを混ぜた物で拭き上げたところ。

そして今日は、一階の八畳間に荏油を塗りました。

水拭きした後のような、シットリとしたツヤが良いのです。
ワックスでは、これがでない。

百花堂の床板は5年ものです。
建築屋さんから完成として受け渡された時点では
墨と柿渋で色付けこそされていたものの、白く毛羽立ったような
状態でした。

正直、「どうしたものか?」と悩みました。

悩んでてもしかたないので、試行錯誤
かさね塗り3、4回目の2年目頃から手ごたえが。

5年目を迎えて、なかなか良い表情になってきたと自我自賛です。

江戸生まれの建物の中の、平成生まれの床板を育てて
御満悦のこの頃です。

明日は、三畳と上り段を塗る予定です。





スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL