FC2ブログ
百花堂の冬の湯沸しは
ずっと鉄瓶でした。

鉄瓶大好きですが、ずっと土瓶も気になっていた。

で、荒尾のギャラリー時さんで出会いました。
1000円って・・・
ありがとうございます。 大切に使います。
どびん2
取っ手がほどけてるので修理します。

どびん1
完成!
当たり前かもしれませんが、一枚目の写真と二枚目の写真では
表情がガラッと違って見えます。

「よし!もう一働きするか!」って感じです。

修理に使った籐は、古いノコギリの柄から取っておいたもの。
籐は、かなり古い物や、編み癖のきつい物でもお湯でもどすと
しっかり使えるのです。

肝心の本体はというと
ほんのり、じんわりと水が染み出てくるとこがありますが
長時間の使用でないかぎり問題ない程度。

使っているうちに、ひどくなるようであれば
お粥や漆でなんとかします。

またひとつ、冬の楽しみがふえました。
もちろん鉄瓶もつかいますよ。

それと、現代作家さんの土瓶も欲しくなるな~


スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL