FC2ブログ
2日も店に行かないと、この時期は鉢植えの水やりが心配になります。

「どうなっているかな~」と2日ぶりに店に行ったら、
店先の朝顔と紫シノブがちゃ~んと湿っていました。

留守の間、ご近所さんが水遣りをしてくれていたようなのです。

もちろん、言付けてなどいないのに。

うれしかったです。

ご近所さんは、大切にしていた鉢植えを何度も盗まれています。
花壇を掘られたりも。

ひどい事をする人がいます。

そんな目にあっても、玄関先に鉢植えを飾り、花壇に花を植えます。
そして、近所の鉢植えが水切れしていたら代わりに水遣りをしてくれる。

うまく言えませんが、
やさしさがいっぱいなのです。

ニューヨークにコミニュティーガーデンという場所があると、
何かの本で見ました。
百花堂の斜め前にも、そう呼びたいような花壇があります。
誰でも好き勝手に花を植えたり、草取りしたり。

草ボーボーになる事もありますが、気がつくと誰がというでもなく
草をとり、花を植え。

季節が良くなると、ご近所が自然と集まってだんらんの場にもなります。

町内の決まりとか、役とかでは無い
まったく関係なしの花壇です。

よくある「花いっぱい運動」のプランターとは
だいぶ性格が違うのです。

大好きな町並みです。

山鹿の古い建物は、どうも残る方よりも無くなる方が
圧倒的に多くなるような気配です。

古い建物の町並みは残せなくても、
この、ご近所関係は残ってほしいと思うのです。

スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL