FC2ブログ
京都でイロイロとウロウロとしている所。
きょうとぎおん
祇園の町並みを視察。
きょうとひつがいき
古い建物と現代の生活感覚との共存のために、
きっと大工さんや建築にかかわる方々の意識や実戦経験のレベルが
違うと感じられました。

「あれはできない」「これはできない」「時代が違うから」と
出来ない理屈ばかりこねたくる退化した作り手と接して心がすさんでいた自分にとって
とても心の洗濯になった!かというと、そうでもなく、全部が良いわけなどあるわけなく、
よーく見ていけば「んっ?」というところもあったのでした。
それもこれもで、しっかりと勉強になりました。

清水の舞台からの眺め
きよみずぶたい
今回、清水の舞台から飛び降りようと思うほどの買い物は
ありませんでした。 期待しすぎていたのでしょうか?

良い物のある店について、きちんと調べていれば違ったかも。
そんな中、たまたま行き当たった器屋さんで良い買い物ができました。
おのつくえきょうとかっぷ
小野さんのちゃぶ台にのせてみたところ。

「器や彩々」というお店。
検索してみたらすぐに出てきたので
有名なお店なのかも。 
なーんも知らんで、たまたま行き当たって幸運でした。

ビルの2階にあって、今回京都に行くにあたって目指していた所とは
まったく違う様子の所でありながら、今回「京都に来てよかった」と思えた
数少ないお店でした。

結局は、そこにいる人の気持ちや心ではないのかと。
建物が江戸以前か以降かとか、梁や柱がどんだけ太いかとか、文化財に指定されている
かいないかとか、そーいう事は思いのほか些細なのかもしれません。

良くも悪くも、あまり考えすぎると心がささくれてしまうので
ほどほどにして、楽しく頑張らなければ。
よしずしんちょう
今日は、百花堂の中庭のよしずを新調しました。
竹の枠も新しく組みなおしました。
スッキリ!いい気持ちです。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL