FC2ブログ
山鹿ハンドメイド日和6無事終了いたしました。
お越しいただいた皆様、ありがとうございました。


ほんとに毎年の大賑わい。
そんな中、私は裏の作業場にて
黙々と製作をすることができました。

「箸おき」の途中
はしおきとちゅう2
奥と手前、
はしおきとちゅう1
右と左、艶が違います。
艶の薄い方が、人造研磨紙で空とぎ1000番
艶の良い方が、椋の葉っぱで磨いたもの。

研磨の粒度としては、人造も椋の葉っぱも、ほぼ同じか
人造のほうが、むしろ細かい。

それなのに、仕上がりは椋の葉っぱの方が
断然良い。

椋の木の苗はネット通販で購入。
希少でもなんでもなく、高価でもなかった。

裏の空き地に一昨年植えた苗が、ぐんぐん育って、
自分が一年に必要な分は十分に賄える。

当然それが毎年。

ありがたい事。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL