FC2ブログ
大きな鯛をいただきました。

たい

早速、さばきました。
「紺屋の白袴」というのかどうか?
自宅の包丁は、ほとんど砥石にあてることがありません。

使う前に、セラミックの棒で軽く刃を立てるだけ。
角度と刃返りをきちんとすれば
ゾクッとするくらいに切れるようになってしまう。

刃物の「切れ」というのは奥が深いのです。

もちろん、年に1,2回は、ちゃんと研ぎなおします。

使ってる包丁は、ゾーリンゲンのステンレス。

ゾーリンゲンといっても、鋼も製造も日本だったり
するのですが・・・。

理想は、日本の手打ちの炭素鋼でしょうが
やっぱり、ステンレスは便利です。

そんなこんな?で、どうにかさばけました。
アラもふくめると、すごい量です。

少年時代に体で覚えた、魚さばきの技術は
長いブランクを経ても、以外に錆付いていなかったのでした。

いただきます。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL