FC2ブログ
よる 会議
 陶人形展最終日、夜のこと。
写真手前左から時計回りに能面師の野村さん、舞踏家?吉崎さん、陶人形の西田さん
百花堂代表、母。

 野村さんは、発泡スチロールで能面を作る取り組みを行っているユニークな能面師さん
です。 その能面を用い吉崎さんが、舞を披露する企画の会議だったようです。

 しかし、だんだんと話が変わりはじめ「こころの日」という一人一人がこころが暖まった
話をろうそくの灯りのもとに語る集まりの話になっていきました。
 もしかすると百花堂にてそのような企画が行われるかもしれません。
 
 百花堂では、作品の展示の場としてだけでは無く、様々な利用を視野に入れて行きた
いと考えています。

 昔から今、今から未来、未来から原始へ、この古い家から新しい風が生まれれば、す
ばらしい事だと思いました。
 また、そのような新しい空気がこの古い家を生かして行くのに欠かせないと思ってます。
スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL