FC2ブログ
しゃもじ作りの様子です。
しゃもじ
何にしても同じですが、いざ作ってみると
なかなかに奥深いものがあります。

一応出来上がったやつを実際に使ってみると
柄の長さや幅の改良点が見えてきました。

先端の形も真ん丸のイメージばかりでしたが、
平底の釜には角形も必要と気づきました。

一番の発見は、竹のしゃもじでご飯をよそっている時
の雰囲気の良さです。

何となく、「今日のご飯はおいしそうだぞ」とワクワク
してきます。

プラスチックのしゃもじではこうは行かないと思います。

うまく言葉で言えないのですが、
直接的な効果とか効能ではなく、
感覚としての効果です。

うまくいえません。

うまく言う事が下手だから、言葉にせずとも
「形作る物によって伝えられれば」と思う理想があります。

でも、言葉でも伝えられなければいけないのだと、
常々、反省するのですが
なかなか上手く出来ないものです。

勉強。





スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL