FC2ブログ
伝統工芸館にて、リブラ工房の樺山さんの包丁を買いました。
リブラほうちょう
普通の菜切り包丁のようにも見えますが、
何となくサイズ感が違いませんか?

実は子供用の包丁で
刃渡りは9cm、柄も普通の3分の2ほどに切り詰めてあります。

子供用と言っても、作りはしっかり行き届いています。
角を丸めたりと、作り手の使い手に対する心遣いが感じられ、
むしろ手がかかってます。
それでいて、鍛造の味わいもあって
無機質なステンレス包丁とは、存在感が違います。

価格は2000円からお釣りがくる
良心的な価格です。
気後れせずに、思いっきり使いたいので、大事な所です。

ステンレスでは無いので、手入れをしなければ確実に錆びます。
が、むしろそこが大事だと思います。

錆びやすい物を錆びないように使う。
道具を大切にすること、愛着を持つことで
いろんな事が、みにつくはずです。

また、大人が使っても、皮むきや薬味刻みにジャストサイズなのです。

小ぶりなカッティングボードが似合いそうです。

「カスタムナイフ的な物に偏ったり、
目を疑うような、粗雑な手抜きをしたり、
(今の時代、ステンレスでないと売れない)と一方的な悲観をしたり」

といった、一部(全部?)の鍛冶屋さんよりも、

このような商品を形にする樺山さんは、
一歩も二歩も進んでいるような気がしたのでした。




スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL