FC2ブログ
おととい買った出窯の小皿は
渋皮煮用に選びました。

こざら

楊枝は自分で作った物。

渋皮煮仕様。 厚みのある竹で、テーパーはすっきりと。

もちろん煤竹。

桐油で軽く拭きました。

普通の竹だと、ウレタン仕上げか漆仕上げでもしなければ
水洗いで表面が毛羽立ち始めますが、
煤竹と桐油の組み合わせだと、かなり長持ちします。

油を塗ってない煤竹の菓子切を3年ほど使っていますが
こっちも表面の荒れはほとんど無いです。

煤竹単体でも、かなり水気には強いのだと思います。

油を塗ることで、しっかり水気をはじいてくれます。

定期的に塗り重ねる事で、味わいも出てくるかもしれません。

百花堂のお茶出し用に使います。
耐用試験もかねて。


スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL