FC2ブログ
今日は、舛田良子さんのステンドグラス展を見に行きました。
熊本市内のギャラリーということで、意味も無くキンチョー。

ステンドグラスに限らず、組み合わせや剥ぎ合わせの工芸や
美術はなぜか惹かれるものがあります。

で、家に帰ってから

なにをしているかというと
鉛
鉛を溶かしているところです。
投入した鉛がズブズブと沈んでいく様子は
ターミネーターを思わせます。
鉛とかし2
溶けた。

鉛を溶かして何を作っているかというと。
刃物の裏出しという作業に使う金床として使います。

思いのほか早く溶けていくのが
なかなか面白かったです。

ただ、溶ける時に出る煙は
かなり体に悪いとのことで、気をつけつつ
ながめてました。

スポンサーサイト



Comment

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL